“交差するバイカラーの流線型”

09

30 YEARS MUSHROOM STOOL
× TENDO MOKKO
¥108,000+TAX

09

30 YEARS MUSHROOM STOOL
× TENDO MOKKO
¥108,000+TAX

天童木工の代表作の一つ、マッシュルームスツールを別注オーダー。ねじれたような同形の3枚の成形合板の組み合わせは、まるでオブジェ。和と洋どちらの暮らしにも調和してくれる。モードなあなたのコレクションの一つにぜひ。

HAVE A NICE MODE

“自由な形を実現した「成形合板」”

山形県天童市に創業した天童木工。世界初の圧密成形技術を実用化させ、軟らかく家具に向かないとされていたスギやヒノキなどの針葉樹の合板から出来た成形合板家具を開発。デザイナーや建築家の設計による家具をはじめ、官公庁や企業の特注家具の製造も行う。最近では、オリンピックの卓球台の土台を作っていることでも話題。

“交差するツートーンの流線型”

天童木工が世界に誇る成形合板技術を大きく生かしたマッシュルームスツール。スツールとしての機能性は言うまでもなく、交差するツートーンの流線型は、アートピースとして眺めているだけでも良い。部屋にあるだけでライフスタイルまで、モードになる。

30 YEARS MUSHROOM STOOL
×TENDO MOKKO

マッシュルームスツールという、
オブジェのような椅子の特別な別注をつくりました。

日本屈指の木製家具メーカー、天童木工の幻の代表作で、
1961年に考案されたものですが、この美しい流線型は
当時の技術で商品化に至らなかった。
その後40年以上を経て、2003年に商品化された
逸話のあるものです。モダンなブラックとウォルナットの
バイカラーは今回の特別なカラーで、
重なり合う木のフォルムが際立ちます。
部屋の片隅に置いて、眺めたり座ったり、
楽しんでください。

ADAM ET ROPÉ 店主

HAVE A NICE MODE

09

30 YEARS MUSHROOM STOOL
× TENDO MOKKO
¥108,000+TAX